店舗拝見掲載店

毎号旬刊ステイショナー最終ページに掲載している小売店取材記事「店舗拝見」で取り上げた掲載店の一覧です。

2017年
1/5日号掲載「Closs Land周南」
天井や床の高さをを変え、わざと背の高い什器で見通しを悪くするなど、新しいコンセプトで店作りをした十字屋3つ目の新店舗。売場面積約750㎡(山口県下松市望月町2-4-9)
1/15日号掲載「文具のたまおき本店」
ワンフロア270坪と、大幅に増床して移転。本格的なカフェも併設した。売場面積約890㎡。(福岡県飯塚市堀池179-2)
1/25日号掲載「コンパス学園都市店」
ニッケン文具から31歳で独立した萬理産業尾上博紀社長のコンパスFC店の4号店。入居商業施設の客層に合わせ、幼児用品、学童文具を品揃え。店舗面積約96㎡。(兵庫県神戸市垂水区小束山手2-2-1ブランチ神戸学園都市1F)
2/5日号掲載「ジュンク堂書店南船橋店」
2016年8月開業のジュンク堂書店南船橋店の大型文具売り場。学童文具、低価格筆記具が人気。売場面積約330㎡(文具のみ)。(千葉県船橋市浜町2-2-7)

 

2016年
1/5日号掲載「Mr.ぶんぐ磐田店」
開業して18年を経過した磐田店を増改築。1階が駐車場で2階が売り場のピロティスタイル店舗になり、売り場は1.4倍の約600㎡に拡大した。品揃えは定番文具に加え、キャラクターや雑貨を拡充。(静岡県磐田市今之浦3-13-5)
1/15日号掲載「中村文具店」
デッドストックの古文具店として知られる中村文具が3フロアの新店舗を取得して移転。古文具に加えロングセラー商品やオリジナル商品も取り扱う。売場面積約33㎡。(東京都小金井市中町4-13-17)
1/25日号掲載「コンパス甲南山手店」
ニッケン文具から31歳で独立した尾上博紀社長のコンパスFC店の2店舗目で、商業施設「セルパ甲南山手」の3階に出店。3号店以降も同じ神戸市内を計画するドミナント戦略をとっている。店舗面積約180㎡。(兵庫県神戸市東灘区森南町1-5-1セルパ甲南山手3階)
1/15日号掲載「中村文具店」
デッドストックの古文具店として知られる中村文具が3フロアの新店舗を取得して移転。古文具に加えロングセラー商品やオリジナル商品も取り扱う。売場面積約33㎡。(東京都小金井市中町4-13-17)
1/25日号掲載「コンパス甲南山手店」
ニッケン文具から31歳で独立した尾上博紀社長のコンパスFC店の2店舗目で、商業施設「セルパ甲南山手」の3階に出店。3号店以降も同じ神戸市内を計画するドミナント戦略をとっている。店舗面積約180㎡。(兵庫県神戸市東灘区森南町1-5-1セルパ甲南山手3階)
2/5日号掲載「ステーショナリーマーケットなんばウォーク1番街店」

文具ソムリエの店として知られるステーショナリーマーケット2号店。本店と同じ地下街で小型のセレクトショップタイプのお店。売場面積約30㎡。(大阪府大阪市中央区難波2丁目なんばウォーク1-7)

2/15日号掲載「カルトレリア吉祥寺店」
紀伊國屋書店グループのNBCが展開する本格的文具専門店の4号店。東急百貨店吉祥寺店7階に出店。店舗面積約240㎡。(東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1東急百貨店吉祥寺店7階)
2/25日号掲載「Stationery AURA」
JR新大阪駅2階の商業施設「アルデ新大阪」に出店している紀寺商事直営店定番を絞りパーソナル文具中心の品揃え。売場面積約56㎡。(大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1新大阪駅アルデ新大阪)
3/5日号掲載「中板堂」
有力納品業者の中板堂の店頭販売部門が移転。文具・書籍を2フロアから1フロアに集約し効率化。店舗面積約100㎡。(東京都板橋区中板橋8-11)
3/15日号掲載「Wonder GOO千葉ニュータウン牧の原店」
コーチャンフォーと提携した大型文具売り場を次々オープンしているワンダーコーポレーションの新店舗。文具売場面積約260㎡。(千葉県印西牧の原1-3)
3/25日号掲載「&note YOKOHAMA」
名古屋市のスパイスが展開するセレクト文具店2号店売場面積は約50㎡。(神奈川県横浜市青葉区若草台1-1トーシンコーポ)
4/5日号掲載「KANEIRI STANDARD STORE」
駅ビルに出店したこだわりの文具・日用品を展開した店舗。大人の女性中心に幅広い来店。売場面積約70㎡(宮城県仙台市青葉区中央1-1-1エスパル仙台東館3階)
4/15日号掲載「Mr.ぶんぐ静岡SBS通り店」
初の静岡市進出店舗。売場は200坪強で子供連れや小中学生で賑わう。(静岡市駿河区中田本町44-19)
4/25日号掲載「オオイシ」
慶応元年創業の老舗。しゃべる文具ロボットを設置するなど異色の文具ワールドを展開(静岡市葵区紺屋町3-4)
5/15日号掲載「ブックファーストルミネ町田店」
新店では初の文具売り場を設置。売場面積約560㎡のうち定番文具と女性向け雑貨を60㎡で展開(東京都町田市原町田7F)
5/25日号掲載「Tour de BrainなんばCITY店」
メンズ系雑貨新業態の4号店。ヌーブ・エイという男性雑貨店が母体。海外のもの含めた定番文具を扱う(大阪市中央区難波5-1-60なんばCITY南館1F)
6/5日号掲載「NAGASAWAさんちか店」
16年3月にリニューアル。高級筆記具と紙製品セレクトした店に転換。(兵庫県神戸市三宮町1-10-1さんちか三番街)
6/15日号掲載「たんたん」
消しゴム通販をやりつつ、小学生に買い物体験の場を提供している文具店。移転してリニューアル(神奈川県川崎市宮前区平5-4-7三田テラス7-B)
6/25日号掲載「Stationery Market+ あまがさきキューズモール店」
企画開発は石津大氏。「王道に戻って」文具提案する新型店。売場面積は約53㎡。(兵庫県尼崎市潮江1-3-1あまがさきキューズモール2F)
7/5日号掲載「ステフォレ」
ロードサイド型文具専門店が3年目を契機に付属のカフェを一新。売場面積約890㎡。(兵庫県加古川市加古川町北在家793-1)
7/15日号掲載「スミスルミネ新宿」
デルフォニックス直営の雑貨・文具セレクトショップ新店舗。店舗面積約70㎡。(東京都新宿区西新宿1-1-5ルミネ新宿1 6階)
7/25日号掲載「MUCCO」
ミヤギが15年7月に人形町店をリニューアル。和ギフト主体に品揃えで、年間客数6,000人増。売場面積約86㎡。(東京都中央区日本橋人形町2-4-3)
8/5日号掲載「23Station本川越ぺぺ店」
加藤憲HDのBHSが経営母体のパーソナル文具専門店新店舗。店舗面積約315㎡。(埼玉県川越市新富町1-22西武本川越ぺぺ3F)
8/25日号掲載「Stylo+」
長崎市に本店を構える石丸文行堂の新業態店。筆記具を中心とした女性向けの店作りが特徴。店舗面積約33㎡。(福岡県福岡市博多区博多駅中央街9-1博多マルイ6F)
9/5日号掲載「文具店tagイオンモール富士宮店」
京都のタケダ事務機と大垣書店のコラボ店舗6店目。30坪で人件費かけず効率経営。店舗面積約100㎡(静岡県富士宮市浅間町1-8イオンモール富士宮2F大垣書店内)
9/15日号掲載「文具館コバヤシ豊田店」
静岡市内を中心に6店舗を展開する文具館コバヤシの中核店舗が売り場を広げ、強みの高級筆記具拡充。店舗面積約460㎡。(静岡県静岡市駿河区豊田1-2-5)
9/25日号掲載「PLATZセレオ国分寺店」
量販卸の妙高コーポレーションが開発した総合的な品揃えの文具専門店3号店。店舗面積約96㎡。(東京都国分寺市南町3-20-3セレオ国分寺3F)
10/5日号掲載「WORKAHOLIC」
東京・南大井に本社を構えるオフィックスが出店した高機能ワークチェアのセレクトショップ。赤坂から虎ノ門に移転してカフェも導入。店舗面積約150㎡。(東京都港区虎ノ門1-4-7)
10/15日号掲載「文具のヨシダ」
杉並の和田商店街唯一の文具店。地域密着で多彩な品ぞろえが特徴。店舗面積約110㎡。(東京都杉並区和田2-44-12)
10/25日号「一幸堂」
幹線道路沿いに移転して、倉庫・事務所と店舗を一体化。売場面積約35㎡。(神奈川県横浜市港南区港南台8-11-12)
11/5日号「事務キチ藤沢店」
長野市に本社があるつちやが展開するロードサイド型文具専門ディスカウントストアの旗艦店が改築。売場面積約990㎡。(神奈川県藤沢市辻堂新町2-3)
11/15日号「よろずや文具店」
富岡市納品大手の「まるいち」が店舗を移転。事務用品店からおしゃれな提案型文具専門店に業態転換。売場面積約370㎡。(群馬県富岡市富岡1352)
11/25日号「HuG by compass」
ニッケン文具のパーソナル文具専門の新業態店だが、9月開店から4ヶ月弱の12月で閉店した。売場面積約100㎡。(大阪府大阪市北区茶屋町8-26NU茶屋町プラス2F)
12/5日号「上野文具インターパーク店」
平成15年出店のテナント店が同フロアにロフトが出店したことから全面改装。強い商品群を更に強化した。売場面積約260㎡。(栃木県宇都宮市インターパーク6-1-1FKDショッピングモール2F)
12/15日号「山田文具店」
文具系雑貨セレクトショップの嚆矢的な山田文具店が隣接カフェの移転に伴い拡張。約1.5倍の規模になり、客数も拡大。売場面積約45㎡(静岡県島田市御仮屋町7523-1)

 

2015年〉 

1/5日号掲載「KDMイオンモール木曽川店」
書店のカルコスを多店舗展開するナレッジデザインの文具専門店「KDM」の3号店。売場面積約300㎡。(愛知県一宮市木曽川町黒田字南八ツケ池25-1 イオンモール木曽川3階)
1/15日号掲載「インク港北東急SC店」
静岡県で大型文具専門店を構える「ink」3号店。初の県外・初の商業施設内出店。約600㎡の店内では雑貨でなく純文具で品揃え。(神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央5-1 港北東急S.C. A館4階)
1/25日号掲載「ステフォレ nino」
兵庫県加古川市のフジヤ號が2014年12月にJR加古川駅前に出店したカフェ併設文具店「ステフォレ」の2号店。2フロア構成で文具は約200㎡を使って展開。(兵庫県加古川市加古川町篠原町21-8)
2/5日号掲載「KaBoS宮前平店」
同店名で他店舗展開する勝木書店の首都圏1号店がリニューアル。トーハン提案の文具パッケージ「nota nova」を導入した。文具は約430㎡。(神奈川県川崎市宮前区宮崎6-9-1)
2/15日号掲載「文具館根上り松店」
「雑貨屋ブルドッグ」文具専門店2号店。2フロア構成で売場面積は約600㎡。(静岡県浜松市中区鴨江2-57-28)
2/25日号掲載「Mr.ぶんぐ袋井店」
静岡県で郊外型文具専門店「ミスターぶんぐ」を多店舗展開するヨシダが、袋井店を増床して改築2015年2月にオープン。1.5倍拡張し、木造建築を採用。(静岡県袋井市川井1418-3)
3/5日号掲載「文具スーパー事務キチ富士吉原店」
「文具スーパー事務キチ」を多店舗展開する長野市のつちやが2月に出店した10号店。ドラッグストア撤退跡に居抜きで出店したもので、売場面積は約790㎡。(静岡県富士市今泉1-17-56)
3/15日号「モリイチ京橋店」
大手納品業者のモリイチが京橋の本社ビル1、2階で営業している小売店舗をリニューアル、2014年10月にオープンした。品揃えも工夫しインバウンド需要にも対応。(東京都中央区京橋1-3-2)
3/25日号「蔦屋書店茂原店」
TSUTAYA最大手フランチャイジーのトップカルチャーが2015年3月7日にライフガーデン茂原にオープンした1,000坪級の大型複合店。文具は約165㎡。(千葉県茂原市六ツ野八貫野2785番1)
4/5日号「コーチャンフォー若葉台店」
北海道で超大型複合店を多店舗展開するリラィアブルが本州初出店。2014年10月オープンで、売場面積は驚異のワンフロア6,600㎡。このうち文具は2,080㎡。(東京都稲城市若葉台2-9-2)
4/15日号「ジョヴァンニ池袋店」
イタリアの羽ペンやガラスペンなども扱う異色の文具店「ジョヴァンニ」が池袋東口の池袋WAKKAに支店をオープン。売場面積は約50㎡。(東京都豊島区東池袋1-8-1WAKKA池袋)
4/25日号「COMPASS川西店」
大阪の量販文具卸ニッケン文具が展開する直営小売店舗32店目。雑貨もミックスした新規出店モデル店。(兵庫県川西市栄町25-1アステ川西地下1階)
5/5日号(休刊)
5/15日号「文具店TAG本店」
京都のタケダ事務機の小売店舗が12年ぶりに全面改装。高級筆記具コーナー設け、高級感をアピールする店づくりを行なった。(京都市下京区烏丸通り高辻下ル薬師前町707烏丸シティ・コア)
5/25日号「紀伊國屋書店新宿本店文具売場」
紀伊國屋書店新宿本店1階中央部にある文具売り場が4月にリニューアル、スペース倍増の約50㎡に。(東京都新宿区新宿3-17-7)
6/5日号「上野文具 モラージュ菖蒲店」
宇都宮に本店があり、栃木県内で多店舗展開している上野文具が埼玉に2度目の出店。店舗面積は約230㎡で、筆記具核に多彩な品ぞろえ。(埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲6005-1モラージュ菖蒲3F)
6/15日号「落合書店 イトーヨーカドー店」
宇都宮市内に4店舗を展開する落合書店の大型テナント店がリニューアル、全体の3分の1にあたる約300㎡の文具売り場をオープンした。(栃木県宇都宮市陽東6-2-1イトーヨーカドー2F)
6/25日号「ハラジマ調布店」
東京・千歳烏山を本余地にするハラジマが、京王線調布駅南口のセントラルレジデンス調布1階にオープンした新店舗。店舗面積は約100㎡。(東京都調布市布田4-17-10セントラルレジデンス調布103)
7/5日号「ぶんぐまる坂戸店」
文具専門ディスカウントストア「ぶんぐまる」3店目。ユニクロだった店舗をそのまま使う形で、売場面積は約500㎡。(埼玉県坂戸市泉町3-6-1)
7/15日号「ぶんぶん堂米子店」
鳥取県境港市のきさらぎが店舗展開する「ぶんぶん堂」1号店の米子店が20周年を機に、売り場の一角にものづくり工房「ファブラボとっとりWest」を導入。最新デジタル機器がだれでも活用できる。(鳥取県米子市新開2-4-1本の学校内)
7/25日号「イケジム」
愛知県豊田市に本社がある池田事務器の営業所兼店舗「岡崎店」が2015年2月にリニューアル。地元の愛称である「イケジム」に店名も変更した。(愛知県岡崎市欠町字野添40番地)
8/5日号「雑貨館インキューブ天神店」
西鉄インキューブの旗艦店である同店が全館リニューアル。ステーショナリー雑貨フロアも改装し、メンズ雑貨コーナーを立ち上げた。(福岡県福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル)
8/15日号(休刊)
8/25日号「Omotecho Style Store by TOMIYA」
岡山市の表町商店街に7店舗を構える時計・宝飾専門店が2014年11月にオープンしたライフスタイル提案ショップ。既存分野以外の非コモディティ商品に挑んだもので、文具は伊東屋FC、モンブランを扱う。(岡山県岡山市北区表町2-2-80)
9/5日号「丸善名古屋本店」(株式会社丸善ジュンク堂書店)
8フロア1,500坪で4月28日オープン。文具は1階で高級筆記具・文具、2階が文具フロアで、合計160坪の規模。(愛知県名古屋市中区栄3-8-14)
9/15日号「Reading and Writing 未来屋書店岡山店」
イオンモール岡山5Fに出店。本格的に高級筆記具を揃え、約600本が並ぶ。そのほかパーソナル文具も揃え、「ハレの日のギフト」需要を狙う。売場面積約160㎡。(岡山県岡山市北区下石井1-2-1イオンモール岡山5F)
9/25日号「新星堂カルチェ5柏店書籍」
書籍圧縮し文具拡大。40坪で定番中心に雑貨系文具も展開。音楽ソフトの新星堂が展開していた複合店最後の1店。(千葉県柏市1-2-31カルチェ5 3階)
10/5日号「Tour de Brain nonowa国立店」
専門店事業を行うパルコのグループ会社「ヌーヴ・エイ」が他店舗化を目指す新業態の2店目。文具を核にしたメンズ雑貨店で、地域密着営業で幅広い客層が特徴。(東京都国立市北1-14-1nonowa国立)
10/15日号「株式会社榛原」
東京日本橋タワー敷地で営業する、200年以上の歴史を誇る和紙・和紙製品専門店の新店舗。4割がオリジナル和紙製品。(東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー)
10/25日号「精文館書店木更津店」
リニューアルで文具売り場を三倍に拡大。日販の文具パッケージ「Sta×2」(スタスタ)を導入した。(千葉県木更津市太田2-5-1)
11/5日号「PENNAつくば店」
つくば市のイオンモールつくばに15年9月18日にオープンした大人の女性ターゲットの文具雑貨店。売場面積約20坪。(茨城県つくば市稲岡66-1イオンモールつくば3F)
11/15日号「NAGASAWA梅田茶屋町店」
神戸のナガサワ文具センター唯一の大阪店舗が15年10月にリニューアル。定番文具、画材をやめ高級筆記具中心に転換。(大阪市北区茶屋町7-20MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店2F)
11/25日号「MARUZEN京都本店」
10年ぶりに復活した京都丸善。和書・洋書・文具・カフェという構成で売場面積は約1,000坪(文具は約130坪)。(京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251京都BAL地下1階、2階)
12/5日号「カルトレリア沖縄店」
紀伊國屋書店グループのNBCが展開する文具専門店「カルトレリア」3号店。売場面積約300㎡。百貨店直営売場から転換した。(沖縄県那覇市久茂地1-1-1リウボウ7階)
12/15日号「Mr.ぶんぐ島田店」
9号店の島田店が市内中心部寄りに移転、売場面積を140坪に広げファンシーや雑貨を充実させた。(静岡県島田市御仮屋町7523-1)