ゼブラ 超速乾性のドライジェルインク「サラサドライ」

news-0129_1_img_01

ゼブラは、書いてすぐ手が触れても汚れない超速乾性のドライジェルインクを採用した「サラサドライ」を2月17日に発売する。軸色は6色でインク色は黒・青・赤。税抜150円。

水性ボールペンの「インクの乾きが遅いため書いてすぐに触るとインクで手や紙を汚すこと」という欠点を解消したのが特徴。紙に浸透しやすい新成分をインクに配合。すぐに紙に染み込むので、書いた直後に触れても汚れない。乾燥時間を同社従来品に比べ約85%縮めている(0.5 ミリで普通紙に書いた場合)。低粘度のジェル状のインクにしたことで、よりさらさらとした軽い書き味の筆記感を実現し、色の濃い染料の色材を使い、筆記線がよりくっきり見えるようにした。

大きく開きやすいバインダークリップを搭載し、ポケットやノートにはさんで携帯しやすい。インクの乾きが早いため、忙しい社会人が付箋にさっとメモしたり、手帳に書いてすぐに閉じたりするような使い方に適しており、左利きの人が左から書いていく際、文字の上に手を乗せても汚しにくい。

2016-02-09 | カテゴリー : 筆記具 | 投稿者 : stationer