三菱鉛筆 クルトガにパイプスライド方式採用

kurutoga_pipeslide_2

三菱鉛筆は、芯が回ってトガり続けるシャープ「クルトガ」に、芯と連動して先端パイプがスライドする新製品を投入。パイプから芯を出さなくてもトガったまま折れずに筆記でき、一回のノックで従来よりも長く文字を書き続けられる「クルトガ パイプスライドモデル」を11月16日に発売する。価格は税抜450円で、芯径0.5mm。ボディカラーは全3色。

製品は、新機能を追加することで、文字が太らずきれいに書ける特徴はそのままに、「1ノックで長く書くことができ、トガった芯がパイプに守られるため折れにくい」ようにした進化型のクルトガ。従来のクルトガをはじめ多くのシャープペンシルは、先端のパイプが固定されているため、書き続けていくと芯が段々短くなり、度々ノックして芯を繰り出す必要があったが、新製品は、先端のパイプが芯に連動してスライドするため、1回のノックで従来よりも長く書き続けることができるのが特徴。パイプに守られた芯先は中で常に回転してトガっているため、クルトガの文字が太らずきれいに書ける特徴はそのままに、シャープペンシルのノックや芯折れの煩わしさを解消。勉強にさらに集中しやすくなる。

クルトガシリーズは、書くたびに芯が少しずつ回転し、芯先が円錐状にトガり続けるため文字が太らず、細い文字でノートがきれいに書けるシャープペンシル。2008年発売以来、学生を中心に好評で、販売累計6,000万本を突破した。

2015-11-04 | カテゴリー : 筆記具 | 投稿者 : stationer