三菱鉛筆 新開発の超速乾インク採用「プロパス ウインドウ クイックドライ」

propuswindow_quickdry

三菱鉛筆は、従来の蛍光ペンの「インクが乾かず紙や手が汚れてしまう」不満点を解決するため、インク乾燥時間を従来品の1/3以下に短縮し、教科書のようなツヤのある紙でも手や紙を汚さずキレイにマーキングできる「プロパス ウインドウ クイックドライ」を10月30日に新発売する。税抜130円で、色数は7色。

2000年に発売した蛍光ペン「プロパス ウインドウ」は、ペン先の窓から文字が見え、はみ出さずにマーキングできる蛍光ペンとして、学生から社会人まで幅広い層に大変好評。一方で、近年印刷物のカラー印刷化が進み、国内で出版されている教科書やパンフレット等の多くは、表面に塗工が施された紙が採用されている。そのようなツヤのある紙にマーキングすると、従来の蛍光ペンではインクの乾きが遅く、手や紙が汚れてしまうことが不満点となっていた。

新製品は、開発に成功したインクの乾燥時間を同社従来品の1/3以下に短縮させる「Q-Dry(クイックドライ)インク」を採用。プロパス ウインドウシリーズの新ラインナップとして追加する。液体の速乾性を高めながら、色材粒子は紙にしっかり定着するため、こすれに強いインクとなっている。

2015-10-28 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : stationer